北海道中国会

北海道と中国との文化交流、経済交流促進に努め、
北海道にいる華僑華人発展の支援及び北海道地域経済振興に寄与する
 
トマトのスープ
こんにちは、玄米酵素の内糸(うちいと)です。

最近、「夏老け(なつふけ)」という言葉を耳にしました。

ある調査によると、約8割の女性が夏の終わりに“肌が老けた”と感じているようです。

夏は、気温と湿度の上昇とともに、汗や皮脂の分泌が増加します。
それによって、肌の表面はしっとりしているように感じやすいもの。

しかし、汗と一緒に肌内部の水分が蒸発してしまうので、意外と肌は乾燥しています。

また、紫外線や冷房による冷えなど、ダメージを受けやすい環境にあります。

そんな状態の夏の肌を放っておくと、シワ・たるみなどの肌悩みの原因に…。

夏こそ、いつも以上にスキンケアに注力する必要がありますね。

ポイントは、『肌にしっかり潤いを与えて、乾燥を防ぐこと』!

乾燥している肌は紫外線の影響を受けやすいので、保湿をすることが日焼け対策にもつながります。

そのためにも、まずは日々の「ホームケア」をしっかりおこなうことが大切。
美肌の第一歩は、日々のスキンケアです。

自分の肌質や悩みにあったアイテムを選び、毎日きちんとケアをおこないましょう。

また外からのケアはもちろん、食事でカラダの中からのケアすることも大事です。
今回は、肌に嬉しいレシピをご紹介します。


■トマトのスープ

(1人分)エネルギー64kcal、塩分0.9g、たんぱく質5.5g

-材料(6人分)-

・トマト-200g
・玉ねぎ-100g
・にんじんジュース-190g
・洋風だし汁-4カップ
・元氣大豆21-50g
・塩-適量
・こしょう-少々

-作り方-

1.トマトは湯むきして、角切りにする。

2.玉ねぎは角切りにする。

3.鍋に洋風だし汁、元氣大豆21、にんじんジュース、玉ねぎを加え、弱火で10分程煮る。

4.さらにトマトを加え、煮立ったら塩・こしょうで味を調えて完成。

-ポイント-

トマトに多く含まれるリコピンや、にんじんのβカロテンには、紫外線によるメラニン生成やコラーゲン減少を抑制する作用があります。


「トラブルが起きてからの対策」ではなく、「トラブルが起きる前からの予防」で、夏でもすこやかな肌を保ちましょう。


株式会社玄米酵素 管理栄養士 内糸恵理


【商品PR】玄米から生まれた美粧品グローシリーズ
美粧品グローシリーズは、お肌に優しい天然成分を厳選、安全性にとことんこだわった、年齢や肌質に関係なく、どなたでも安心してお使いいただけるスキンケア化粧品です。
長く愛用していただきたいから、お手入れのしやすさにこだわりました。

★健康レシピが満載の自然食レシピサイト『ケアごはん』もご覧ください!
http://caregohan.jp/

★玄米酵素公式Facebookページはこちら↓
http://www.facebook.com/genmaikosoinc/

戻る