北海道中国会

北海道と中国との文化交流、経済交流促進に努め、
北海道にいる華僑華人発展の支援及び北海道地域経済振興に寄与する
 
イベント後の反省会
7月28日、北海道中国会杯チャリティーゴルフ大会が盛況裡に終了しました。8月30日、実行委員会が反省会を開き、来年度の大会にさらに成功するように、たくさんのアイデアが出ました。

三年連続して、安定した中国と全日本華僑華人から、北海道の日中友人の参加者が大会を盛り上げて、その実績を見て、中国の国際観光会社から参加希望がありました。だんだん北海道の宣伝と北海道中国会の価値が上がるでしょう。

「北海道中国会は北海道華僑華人と北海道地域の中日友好交流、文化交流、経済交流のために、各界友好団体や法人団体及び個人により連合団体です。

今、中国は急速な経済成長を達成し続けています、中国と日本は世界第2と第3経済大国であり、今までにない両国関係の為、両国は模索しながら関係を構築しています。このような新しい国際環境の中で、両国の民間交流は重要な役割を担うべきあり、特に日本で生活している華僑華人は中日両国の友好と発展の為に貢献しなければなりません。

 中国と日本の両国の文化、言葉、情報、人脈等の資源を活かし、インターネットや各種の有益な活動を通じて、中国と北海道地域の友好、経済発展及び北海道に居る華僑華人の繁栄、発展のために力を尽くしたいと存じますが、これからも皆様の多大なご指導、ご支援を心よりお願い申し上げる次第であります。」

北海道中国会は設立主旨に従って、毎年たくさんの活動を通じて、楽しい日中友好交流が広がっています。それに賛同する人は、いつでも参加を歓迎します。

反省会参加者:田義之、白諾貝、于洪志、陶恵栄、山下泰生、笹村一、多田豊、児島大輝、花島徳夫七人でした。
2017-09-09